MENU

安い高いどっちが良いの?葉酸サプリを薬局で選ぶ時のポイントは?

赤ちゃんがそろそろ欲しいと考える人や妊娠をしたという人が、赤ちゃんの体作りに必要な栄養素の葉酸の存在を知って、薬局などで葉酸サプリを探すということは多いのではないでしょうか。
一言で「葉酸サプリを摂取した方が良い」と言われただけだと、薬局で販売されているもので安いものを何も考えずに選んでしまうなんてこともあるかもしれません。
しかし葉酸サプリには安いものから高いものまであって、この差は金額だけではなくて中身も違うのです。

 

葉酸サプリは安いもから高いものまで

葉酸サプリはどれでもいいから摂取すれば良いというわけではありません。
葉酸サプリには薬局で販売されている安値で求めやすいものからネット販売限定で販売されている高値のものまであります。

 

この金額の差は葉酸サプリの内容に関係しているのです。
薬局で販売されている安値の葉酸サプリは化学合成物質が原料になっているものが多くて、長期の保存も可能にするための添加物が含まれていることも多いです。

 

ネット通販限定で販売されている高値のものの多くは、原料に天然由来のものを使用していることが多いです。
そして葉酸以外にも妊娠中に必要な栄養分や美容効果のある成分なども配合されています。
妊婦さんが摂取する葉酸サプリはどう考えても、化学合成物質でできているものよりも天然由来の成分の方が良いのは決まっていますよね。

 

薬局の葉酸サプリを選ぶ時のポイント

通販限定の葉酸サプリと薬局の葉酸サプリがどうして大きな違いが出てしまうのでしょうか?
それは、薬局で大量販売されている葉酸サプリのほうが流通にコストがかかるので原材料にコストをかけられない、大量に生産するので長期保存が必要になるために添加物を使わなければならないということです。

 

通販の場合は流通のコストもかからないし、大量生産もしません、なので原材料にしっかりコストがかけられるのです。
そして長期保存させる必要もないので無添加になります。

 

しかし、薬局で葉酸サプリを購入したいという場合はどんなことに気をつけて購入していけばよいのでしょうか。
薬局で葉酸サプリを選ぶ時に重要視していきたいポイントを2つ紹介します。

 

葉酸サプリに添加物は配合されていないか

薬局で販売されている葉酸サプリには保存期間を長くするためや、飲みやすくするために添加物が配合されているケースが多いです。
しかし妊娠中にわざわざ添加物の含まれるものを飲むことは良いことではありません。

 

中でも「ショ糖脂肪酸エステル」や「乳糖」などが含まれている葉酸サプリは妊娠中の服用で副作用が起こる場合もあります。
ショ糖脂肪酸エステルは胎児の奇形リスクを高めることで知られています。

 

絶対に摂取してはいけない成分なのです。
そして乳糖は胃腸障害につながる成分です。
この二つ以外の添加物も基本的に体に良いものではありません。

 

なので薬局で葉酸サプリを選ぶときは、添加物のチェックを必ずするようにしてください。
成分や原材料が記載されている順番というのは、含まれている量が多い順番で記載されています。
その点も頭に入れておくと良いと思います。

 

ビタミンB12が配合されているもの

葉酸サプリにはビタミンB12が配合されていることも重要になります。
葉酸とビタミンB12はセットで働きを起こすものでもあります。
どちらか不足してしまうとよくないのです。貧血予防の効果もあります。

 

薬局でおすすめの葉酸サプリ

薬局で販売されている葉酸サプリでおすすめできるものは二つです。
ショ糖脂肪酸エステルや乳糖などの添加物が配合されていなくてビタミンB12が配合されているものは、ピジョンの「葉酸カルシウムプラス」とワダカルシウム製薬の「ワダカルママ葉酸」です。